新刊のお知らせー『税法文章術』(大蔵財務協会)

62冊目の単著である『税法文章術』(大蔵財務協会)が刊行されました。

本書は,税法エッセイとしての『税法読書術』『税法思考術』(いずれも大蔵財務協会)につぐ,シリーズ第3弾です。

これまでの2冊よりも,内容が「方法論」に特化し,詳細になっていると思います。

大学で税法の卒論指導や,大学院での修論指導をする機会が,弁護士から大学教員に転身してから毎年とても多くなっていました。

その点をエッセイ形式をとることにより,これらのニーズのある学生に届くような税法文章論(1つの視点・考え方)を書いたものです。

SNSなどでご感想などいただければ嬉しく思います。

論文の書き方は1つではなく正解はありませんが,論理的に一貫したわかりやすく読みやすい論文を書く方法論を具体的に書きました。

・税理士を目指して大学院進学を目指す方(すでに大学院で学んでいる方)

・弁護士・会計士・税務署職員,さらには税理士などすでに専門家として活躍されながら,さらに大学院進学をして研鑽を深めたいと思われている方

・ご自身で本格的な研究論文を書きたいと思われている実務家の方

・税法の卒論やレポートを書く必要がある学部生

などに,特に参考になるのではないかと思います。あくまでわたし個人の考えであり,エッセイですが。

 

 

|

新刊のお知らせ―『はじめて学ぶ人でも深くわかる 武器になる「法学」講座』(ソシム)

61冊目の新刊が発売されました。

『はじめて学ぶ人でも深くわかる 武器になる「法学」講座』(ソシム)

いわゆる法学入門的な本なのですが,通常の法学入門と全く異なるのは,法学部生やロースクール生などの「法学」を専門に学ぶ人ではなく,一般の方向けに「法律家の見方・考え方」を読み応えのあるビジネス書としてまとめた点にあります。

もちろん,法学を学んでいる人にもそのまま参考になる内容になっていますが(内容も入門レベルよりも深く突っ込んで書いています),法学を専門に学ぶ人(法学部生)にとっては必要になるけれど,一般の方が知的好奇心から「法学の見方・考え方」を読み物として読む際には,特に必要のないと思われる(専門的な)用語や概念や条文は使わないように心がけました。この点が,他の法学入門とは全く異なる点になります。

大学1年生の必修科目「法学入門」の授業をもって7年目になりますが,その経験をいかしながらも,「取消し」と「無効」の違い,法源など,法学部生には必要になるけれど,説明のための説明のような(非専門家には無味乾燥にしかみえず知ったところで,特に役立つこともないと思われる)用語説明のような本にはしない方針で,本の構成を考えました。

そして,面白く読めるよう,ケースを中心に「見方・考え方」を,法律を専門にしない人が,日常の仕事や発想に使えるような内容にしました。

こうした点で,既存の法学入門書とは異なる大胆なチャレンジをしたつもりです。

SNSなどで本のご感想をいただければ嬉しく思います。

|

新刊のお知らせ(『読む・書く・考える・伝える技術』ディスカヴァー・トゥエンティワン)

60冊目の新刊が刊行されました。

『社会人1年目からの読む・書く・考える・伝える技術』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

若い社会人の方向けの仕事のスキルをQ&Aのかたちで,その考え方をまとめた本になります。

もっとも,令和(現代)の(新社会人の)状況を踏まえた「大人の学びの教科書」としてつくったため,いまの若者がどのようなことを知っているか(逆に中高年には知らないことを彼ら彼女らは知っています)を知る本としても活用できるのではなかと思っています。

若い方にとっては,1年目からで1年目に限りませんので,どのように現代にある情報媒体を得ていけばよいかなども詳細に書きました。

新しい大人の学びの教科書です。ご興味ある方はぜひ。

|

木山泰嗣の「本」の書き方・出し方

税理士法人レガシィから,下記の教材(配信等)が発売されました。

 

『単著58冊 木山泰嗣の「本」の書き方・出し方』

 

https://www.legacy-cloud.net/ordinary_products/4654

 

ご興味ある士業の方,ご視聴いただければ嬉しく思います。

|

新刊のお知らせー『小説で読む租税法ー租税法の基本を学ぶロースクールの授業』(法学書院)

『小説で読む租税法』(法学書院)が,12月9日に発売されます。

単著としては,59冊目の新刊になります。

『小説で読む民事訴訟法』(法学書院,2008年)以来の「小説で読むシリーズ 佐伯祐一物語」としては,(改訂版を除くと)6年ぶりの新作になり,シリーズ第5弾になります。

司法試験の選択科目として租税法を考えている方も,そうでない方も小説を読みながら租税法(所得税法を中心としながら法人税法・国税通則法も含む)の基本を学ぶことができます。基本といっても,最新の判例まで含め,かなり幅広く扱っています。

刊行後,お読みいただきました方は,ぜひSNSなどで感想をいただければ嬉しく思います。

|

新刊『「記憶力」と「思考力」を高める読書の技術』(日本実業出版社)

ブログでのご報告が遅くなりましたが,新刊が発売されました。

・『「記憶力」と「思考力」を高める読書の技術』(日本実業出版社)

一般書として読書の本を書いたのは,2008年の『弁護士が書いた究極の読書術』(法学書院)以来,12年振りです。また,本書が58冊目の単著になります。

30代のころ(弁護士時代)に,年間400冊以上の本の読破(読んだ本は年間で1000冊くらいで,最後まで読み終わった本が毎年400冊以上でした)を,10年にわたって,弁護士の仕事をしながら趣味として行ってきました。

・ダヴィンチ・ニュース

・東洋経済オンライン

・弁護士ドットコム

など,すでに多くのネットニュースで本書をご紹介していただいており,そのなかにも引用があるようですが,司法修習生のころに白表紙を読むのが遅すぎて「弁護士の仕事」が果たしてできるのか,不安で不安でなりませんでした(20代後半の司法修習時代の当時のわたしは,とにかく読むのが遅く,またゆっくりなのに事実を正確にあたまに入れることもできず,それが自分のなかで重たいコンプレックスでした)。

そのコンプレックスを完全に解消したのが,長期間にわたる「読書の習慣」でした(ということが,20年近くたった今考えるとそう実感することができます)。

いまは税法研究をしていますが(大学の専任教員),判決でも論文でも読むスピードは誰にも負ける気はしません。

しかし,速読のために読書を行うのでは決してなく,「自由で気ままに読む読書」を長期間にわたり習慣として継続する。

目的もなく,ただ楽しく本を読み続ける。それが結果的に,読解力を大きく向上させ,記憶力・思考力を高めることになる。

その技術を本書にまとめました。

わたしが読んで来たさまざまな本も本書のなかで紹介もしていますので(50冊近く),ぜひお読みいただきSNSなどにご感想をいただければ嬉しく思います。

 

 

 

 

 

|

新刊『税法思考術』(大蔵財務協会)

ご案内が遅くなりましたが,新刊が発売されました。

昨年発売の『税法読書術』(大蔵財務協会)に次ぐ,税法エッセイ第2弾です。

・『税法思考術』(大蔵財務協会)

57冊目の単著になります。

2020年1月24日から2月26日までに綴ったもので,主として税法の最新判例などにある問題意識をテーマにしていますが,日常的なことも今回も綴っています。

お読みいただき,ご感想などSNSを通じていただければ嬉しく思います。

|

論文「経済的成果をめぐる税法解釈のあり方」の公表

論文が公表されました。

・「経済的成果をめぐる税法解釈のあり方」青山法学論集61巻4号(2020年)245-322頁

最高裁平成30年判決(源泉徴収と錯誤)、大阪高裁平成30年判決(クラヴィス事件)など「経済的成果」をめぐる税法解釈を示す判例が増え続けています。

こうした「経済的成果」の税法解釈について、税制調査会答申や過去の裁判例もひもときながら、体系的に議論を試みました。

|

新刊『入門課税要件論』の刊行

56冊目の新刊が刊行されました。

『入門課税要件論』(中央経済社)

さまざまな研修講演(税理士会、弁護士会、日本公認会計士協会、各種団体、税理士法人、自治体等での研修)の蓄積を1冊の本に体系化したものです。

課税要件をテーマに、令和元年の最新判例まで数々をフォローしています。

約5年前に8万字書いたまま進んでいなかった原稿を昨年秋に完成させ、このたび刊行に至りました。

お読みいただき、感想等いただければ嬉しく思います。

 

|

判例研究(論文)「金地金スワップ取引事件に含まれる諸問題ー名古屋高裁平成29年12月14日判決ー」を公表しました。

 

 

青山法学論集61巻3号(2019年)に、判例研究(論文)「金地金スワップ取引事件に含まれる諸問題ー名古屋高裁平成29年12月14日判決―」が掲載されました。

第1審では譲渡所得(所得税法33条1項)にあたるとされた判決が、控訴審では取り消され、あたらないと判断されましたが、その法的根拠は不明瞭です。

本論文では、この点について、譲渡所得の要件である「資産の譲渡……による所得」該当性の観点から、特に「譲渡」といえるかの判断基準に焦点をあて検討を行いました。

なお、論文は、機関リポジトリに登録されており、サイニーで検索すれば全文閲覧できます。

 

 

 

|

«新刊『税法読書術』(大蔵財務協会)発売のお知らせ