« 処分取消訴訟のほかには? | トップページ | 行政事件は武器対等か? »

税務訴訟の記録をみたい

(ご質問)

税務訴訟の記録をみるのは誰でもできますか?

(ご回答)

税務訴訟は「行政事件訴訟」の1つです。

「行政事件訴訟」には「民事訴訟法」のルールが適用されます。

これが原則です(例外は行政事件訴訟法に定めがあります)。

民事訴訟法は訴訟記録の閲覧と謄写について定めています。

裁判所で審理された訴訟記録は,誰でも閲覧できます。

民事訴訟法91条に規定があります。

税務訴訟の記録にもこの条文が適用されますので,

どなたでも閲覧することができます。

裁判所には記録係という場所があります。

そこに行き,事件を特定した上で閲覧申請をすれば,

だれでも訴訟記録を閲覧することができます。

マスコミ関係者の方は,ここで閲覧をして,

訴訟の中身を検討するようです。

弁護士も関連事件や参考になる事件の閲覧をします。

重要な事件であっても,外に出るのは判決文のみです。

これは判例時報,判例タイムズといった雑誌,

あるいは最近ですと裁判所のホームページにも載ります。

けれどその事件の中身をもっと検討したい。

そういう場合は裁判所に提出された証拠や準備書面も

みたくなるものです。

そのときに裁判所での閲覧をするとすべて見ることができます。

意外と知られていませんが,だれでも見ることができます。

もっとも,閲覧制限がかかっているものは黒塗りがあります。

また,閲覧(訴訟記録をみる)は,だれでもできますが,

謄写(コピー)はその事件の利害関係人のみ可能です。

謄写を求める場合は,裁判所に利害関係があることを,

疎明(そめい)する必要があります。

「疎明」というのは,「証明」ほど厳格ではないけれど。

ある程度確からしいことを裁判所に思わせる行為です。

書面で提出することになります。

ご興味がある方は,裁判所に足を運んでみてください。

|

« 処分取消訴訟のほかには? | トップページ | 行政事件は武器対等か? »