« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

Wednesday READING-No.57-美崎栄一郎「成果を生む人が実行している朝9時前のルール」(大和書房)

みなさん、こんにちは。弁護士の木山です。

今週ご紹介する本 は、いま話題の著者の新刊です。

著者の美崎栄一郎さんは、サラリーマンです。

大手化粧品メーカーで商品開発を担当されながら、

ビジネス系雑誌などで話題の「築地朝食会」を主催され、

テレビや雑誌などのメディアでも活躍され、

昨年からビジネス書の著者にもなられ、

ベストセラーを連発されている方です。

本書のタイトルをみると、いま流行の早起き本か?

とも思いますが、美崎さんは冒頭にこういっています。

「この本では、早起きを無理強いしません。

毎日、早起きしなくてもいいのです。

早起きをしなくても、工夫次第で朝は活用できる。

そのノウハウを公開しました。」

(まえがき・1頁)

繊細な文体でディテールを書かれる文筆力は、

これから同氏がビジネス書界で

さらに飛躍していくことを予感させます。

率直にいって、よい本だと思いました。

いろいろなノウハウが書かれていますので、

必ず何かを得ることができる本だと思います。

著者の立場からみると、

ビジネス書の著者はあまり使わない比喩に惹かれました。

最近のビジネス書として,おすすめの本です。

|

USENラジオ「ビジネス・ステーション」放送中です。

本日から5月30日(日)まで,1週間,USENラジオに出演しています。

チャンネルI-28「ビジネス・ステーション」です。

機会のある方は,ぜひお聴きください。

http://music.usen.com/modules/I/content0028.html

|

「三省堂書店」でも木山泰嗣のミニフェアが始まりました。

5月8日から6月30日まで開催中の書泉グランデフェアに続き、

歩いてすぐのところにある三省堂本店(神保町)でも、

わたしの本のミニフェアが始まりました。

書泉グランデさんでは、わたしの著作の基礎を作った本を

分野別に18冊ピックアップし、18冊のおすすめ本と、

わたしの全著作が一緒に並べられています。

http://www.webdice.jp/diary/detail/4246/

(ブログ「四宮隆史弁護士の日記」より)

対象品をお買い求めいただいた方には、

USENビジネス・ステーション(ラジオ)収録のCDも

特典でプレゼントしています。

これに対して、三省堂書店のミニフェアでは、

わたしのシリーズ全6冊(究極シリーズと小説シリーズ)が、

3階下りエスカレータ手前の法律書・平台に、

大量平積みされています。

http://blog.livedoor.jp/yun2828/

(「「無料仲介&住宅診断アドバイザー」野口のブログ」より)

わたしの本をじっくり吟味しながら選びたい方は、

三省堂書店にぜひ足をお運びください。

書泉グランデも三省堂ともに神保町の書店です。

お近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。

また多くの方から毎日のようにメールをいただき、

ご報告いただいております。ありがとうございます。

|

Wednesday READING-No.56-亀田潤一郎「通帳は4つに分けなさい」(経済界)

みなさん、こんにちは。弁護士の木山です。

今週ご紹介する本 は、

税理士の亀田潤一郎さんが書かれた書籍です。

タイトルにあるように「通帳」を4つにわけよう、

ということが提唱された本です。

「通帳」を4つにわけるのは、中小企業の社長の方が

「資金繰り」を上手に管理する究極の方法だそうです。

4つの通帳というの具体的には、次のものです。

①売上収入口座

②運転資金口座

③納税緊急口座

④将来投資口座

4つに分けましょう、というだけの提案ではありません。

具体的な分け方も、詳細に解説されています。

また、このブログをお読みの方は、

「税務調査」の実務にも関心が高いと思います。

本書では、税務調査における

「通帳の読まれ方」についても、解説があります。

税理士の先生のなかでは、おそらく、

「暗黙知」として共有されているであろう実務知識が、

素人の読者にもわかるように説明されています。

中小企業の社長に限らず、

お金の管理方法について学びたい方、

税務調査でのお金の流れのみられ方を知りたい方

など多くの方に役立つ1冊です。

|

「書泉グランデ」フェアのレポート(大沢育郎先生)&「言語力」インタビュー記事

税理士で,著作も多い大沢育郎さんが,

「書泉グランデ」フェアを,ブログでレポートしてくださいました。

http://www.cfptax.com/column/archives/13.html

大沢先生はご著書も多く,精力的に活動されている方です。

詳細なご報告をありがとうございました。

また,5月18日発売の雑誌「ドリーム・ナビ」7月号に,

「言語力」をテーマにしたわたしの取材記事が掲載されました。

http://www.torikai.gr.jp/writing/pdf/etc_dreamnavi_201007.pdf

「ドリーム・ナビ」は,子どもの教育雑誌です。

http://www.yotsuyaotsuka.com/dream-navi/

創刊間もないようで,今回の取材で初めて知ったのですが,

お子さんの教育に関する記事も興味深いですし,

本の紹介などもあり,読書好きの方にも楽しく読めると思います。

|

「書泉グランデ」フェア(中谷彰宏さんからご紹介いただきました)

5月8日(土)から「書泉グランデ」(神保町)で開催中の

わたしの本のフェアは,6月30日(水)までの予定です。

おおぜいの方々にお越しいただき,

ご報告もたくさんいただいております。ありがとうございます。

まだお越しいただいていない方も,

お近くにお越しの際には,ぜひお立ち寄りください。

今回のフェアについて,

ベストセラー作家の中谷彰宏さんからもご紹介をいただきました。

本日(5月17日)「中谷彰宏レター」↓

http://www.an-web.com/anletter/files/an100517.htm

800冊以上ご著書があり,

作家として大活躍されている中谷彰宏さん。

中谷彰宏さんの本はたくさん読んでいますが,

なかでも特に好きな本を1冊,フェアでご紹介し陳列しています。

モチベーションや,やる気を出すためには,

最高の本を書かれていますので,

まだお読みになったことがない方も,ぜひ1度,

中谷彰宏さんのご著書をお読みになってみてください。

フェアでのおすすめ本は,そのほかにも合計18冊あります。

「弁護士が書いた究極の~」シリーズにあわせて,

①勉強(自己啓発),②読書,③文章,④思考,⑤その他の

ジャンル別にご紹介しています。

フェア対象品は,わたしの著書以外でも,お買い求めいただくと

「法と社会を語る」(非売品・USENビジネスステーション収録)

というテーマのCDの特典も先着(80名)であります。

ぜひお立ち寄りくださいませ。

|

Wednesday READING-No.55-佐々木俊尚「電子書籍の衝撃」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

みなさん、こんにちは。弁護士の木山です。

ゴールデンウイーク明けの1週間、いかがお過ごしでしょうか。

今週ご紹介する本 は、いま話題の著書です。

音楽媒体がCDからネットに移行していったように、

書籍も電子媒体になる時代がやってくるのでしょうか。

キンドル、iPadの登場で、日本も電子書籍の時代が

やってくることになりました。

CDが売れなくなったように書籍も売れなくなるのか、

という疑問に本書は、

先行しているアメリカのデータの紹介、

日本における未来の展望の分析にとどまらず、

日本の出版界がこれまでかかえてきた問題にも

出版の歴史を解説しながら言及しています。

日本における出版の歴史・現状を知りたい方にも、

とても読みやすくわかりやすい本だと思いました。

年間500冊の本を読了している読書好きのわたしとしては、

似たような本の氾濫をぜひとも食い止めていただき、

質の高い良書が普及することを願っています。

また過去の先人が記してきた内容をまとめた本は、

きちんと出典・原典を紹介する全うな本が

増えることを切に願っています。

|

書泉グランデでフェア開催中です。

5月8日(土)から書泉グランデさん(神保町)で,

わたしの本のフェアが開催されています。

http://www.shosen.co.jp/hp/fair/fair.html

全著作8冊と,著作をつくる基礎になったおすすめの本18冊が

ボード(1冊ずつコメントを書きました)つきで展示されています。

フェアの様子をレポートしてくださった方がいますので,

ご紹介させていただきます(野口裕さんのブログです)。

http://blog.livedoor.jp/yun2828/

|

Wednesday READING-No.54-大沢育郎(監修)「これならできる個人事業の経理と税金」(ナツメ社)

みなさん,こんにちは。弁護士の木山です。

ゴールデンウイーク来,天候のよい日が続いていますが,

いかがお過ごしでしょうか。

今週ご紹介する本 は,税理士の大沢育郎先生が監修の書籍。

個人事業を始める方,すでにされている方がぶつかるであろう

経理と税金の問題について,わかりやすく解説されています。

図やイラストも豊富で,項目も70以上あるため,

知りたいところから読むことができる構成になっています。

基本的なことを総花的におさえておきたい方,

基本的な知識を知っておきたい方には,

とても役立つ1冊になると思います。

そのうえで個別に生じる問題や疑問については,

税理士や弁護士などの専門家に相談するのがよいでしょう。

|

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »