« 書泉グランデでフェア開催中です。 | トップページ | 「書泉グランデ」フェア(中谷彰宏さんからご紹介いただきました) »

Wednesday READING-No.55-佐々木俊尚「電子書籍の衝撃」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

みなさん、こんにちは。弁護士の木山です。

ゴールデンウイーク明けの1週間、いかがお過ごしでしょうか。

今週ご紹介する本 は、いま話題の著書です。

音楽媒体がCDからネットに移行していったように、

書籍も電子媒体になる時代がやってくるのでしょうか。

キンドル、iPadの登場で、日本も電子書籍の時代が

やってくることになりました。

CDが売れなくなったように書籍も売れなくなるのか、

という疑問に本書は、

先行しているアメリカのデータの紹介、

日本における未来の展望の分析にとどまらず、

日本の出版界がこれまでかかえてきた問題にも

出版の歴史を解説しながら言及しています。

日本における出版の歴史・現状を知りたい方にも、

とても読みやすくわかりやすい本だと思いました。

年間500冊の本を読了している読書好きのわたしとしては、

似たような本の氾濫をぜひとも食い止めていただき、

質の高い良書が普及することを願っています。

また過去の先人が記してきた内容をまとめた本は、

きちんと出典・原典を紹介する全うな本が

増えることを切に願っています。

|

« 書泉グランデでフェア開催中です。 | トップページ | 「書泉グランデ」フェア(中谷彰宏さんからご紹介いただきました) »