« 「書泉グランデ」フェアのレポート(大沢育郎先生)&「言語力」インタビュー記事 | トップページ | 「三省堂書店」でも木山泰嗣のミニフェアが始まりました。 »

Wednesday READING-No.56-亀田潤一郎「通帳は4つに分けなさい」(経済界)

みなさん、こんにちは。弁護士の木山です。

今週ご紹介する本 は、

税理士の亀田潤一郎さんが書かれた書籍です。

タイトルにあるように「通帳」を4つにわけよう、

ということが提唱された本です。

「通帳」を4つにわけるのは、中小企業の社長の方が

「資金繰り」を上手に管理する究極の方法だそうです。

4つの通帳というの具体的には、次のものです。

①売上収入口座

②運転資金口座

③納税緊急口座

④将来投資口座

4つに分けましょう、というだけの提案ではありません。

具体的な分け方も、詳細に解説されています。

また、このブログをお読みの方は、

「税務調査」の実務にも関心が高いと思います。

本書では、税務調査における

「通帳の読まれ方」についても、解説があります。

税理士の先生のなかでは、おそらく、

「暗黙知」として共有されているであろう実務知識が、

素人の読者にもわかるように説明されています。

中小企業の社長に限らず、

お金の管理方法について学びたい方、

税務調査でのお金の流れのみられ方を知りたい方

など多くの方に役立つ1冊です。

|

« 「書泉グランデ」フェアのレポート(大沢育郎先生)&「言語力」インタビュー記事 | トップページ | 「三省堂書店」でも木山泰嗣のミニフェアが始まりました。 »