« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

美崎栄一郎さんの「仕事の楽しさ研究所」

「美崎栄一郎の仕事の楽しさ研究所」(サンマーク出版さん)の

ポッドキャスト番組に出演しました。

ご興味ある方は,ご清聴くださいませ。

http://www.sunmark.co.jp/podcast/misaki/

「憲法がしゃべった。~世界一やさしい憲法の授業」(すばる舎)

|

Wednesday READING-No.101-久保憂希也「20代で絶対に身につけたい数字力のルール」(大和書房)

今週ご紹介する本 は,数字力をテーマにした本です。

「20代」とありますが,世代を問わず面白く読めると思います。

著者の久保さんは元国税庁。

東京国税局で税務調査を担当されていた方です。

具体例が多く読みやすい本で,参考になる考えも多いです。

「人を評価する場合,いきなり主観によって評価するのではなく,

数字ではかれる根拠を使って評価をし,

その後に主観で修正することが大事です。」(29頁)

数字の利点を最大限に活かしながら,しかしそれだけによらない

いわばオーソドックスで王道的な考え方なのですが,

改めて,「わかりやすい事例と言葉」を通じて実感できる本です。

【ご案内】

「憲法がしゃべった。」の感想コメントを募集しています。

ブログに書いていただき応募されると,抽選で特典があります。

http://www.110upweb.com/kinokuniya/kenpou2.html

ふるってご参加いただければ嬉しく思います。

「憲法がしゃべった。~世界一やさしい憲法の授業」(すばる舎)

|

後悔しない大人のための読書論」(第17回)

ジンジュール(WEBマガジン)で連載中の読書コラム

「後悔しない大人のための読書論」の最新号が掲載されました。

http://www.jinjour.jp/column/36988.html

↑第17回は,「本を読む時は,奥付を見ながら?」です。

○「憲法がしゃべった。」の「感想コメント大募集」(~5月31日)

http://www.110upweb.com/kinokuniya/kenpou2.html

「憲法がしゃべった。~世界一やさしい憲法の授業」(すばる舎)

Law_reasonably_small

|

著者インタビュー(水野俊哉さんとの対談)

作家の水野俊哉さんの公式メールマガジンに,

「憲法がしゃべった。」の著者インタビューが掲載されました。

水野先生と木山との対談形式になっています。

http://www.bshonin.com/mizunotoshiya/

『憲法がしゃべった。』facebookページ
http://j.mp/lQHHZo

○「憲法がしゃべった。」の「感想コメント大募集」(~5月31日)

http://www.110upweb.com/kinokuniya/kenpou2.html

「憲法がしゃべった。~世界一やさしい憲法の授業」(すばる舎)

|

Wednesday READING-No.100-和田裕美「仕事で成長し続ける52の法則」(日経BP社)

毎週水曜日に本を1冊紹介してきました

ウェンズデイ・リーディングも,100回目です。

おかげさまで3年目に突入できました。

今週ご紹介する本は,和田裕美さんの新刊。

この本から,わたしは多くのことを学びました。

なにか目標をもって努力をされているものの,

なかなか思うように成果が上げられない方に,

大きなヒントがもらえる本だと思います。

それは和田さんご自身のご経験談だからです。

・事実は1つ,考え方は2つ(陽転思考・44頁)。

・決意を貫くために必要なのは,絶対に人の

 意見に惑わされないということ(102頁)。

・大事な人たちと共有できている「思い」は,

 前向きに育てていかなければいけない(146頁)。

特に執筆の苦しみを書かれた点などは、

個人的に、とても共感できましたが,

執筆以外のヒントもたくさん書かれています。

がんばろう、と思える1冊です。

【ジンジュール連載中ー「後悔しない大人のための読書論】

 http://www.jinjour.jp/column/35323.html

【「憲法がしゃべった。」キャンペーン実施中です。】

①紀伊國屋書店キャンペーン(5月13日まで)
  ②感想大募集キャンペーン(5月31日まで)    http://www.110upweb.com/kinokuniya/kenpou2.html

|

朝日小学生新聞にインタビューが掲載されました。

朝日小学生新聞に「憲法がしゃべった。」(すばる舎)の

著者インタビューが掲載されました。

Photo

『憲法がしゃべった。』facebookページ
http://j.mp/lQHHZo

|

「憲法がしゃべった。」感想コメント大募集

「紀伊國屋書店キャンペーン」に続き(5月13日まで開催中),

「憲法がしゃべった。」(すばる舎)の「感想コメント大募集」が

始まりました(5月31日まで)。

http://www.110upweb.com/kinokuniya/kenpou2.html

ふるってご参加いただければ嬉しく思います。

「憲法がしゃべった。~世界一やさしい憲法の授業」(すばる舎)

|

「紀伊國屋書店キャンペーン」延長のお知らせ

5月7日正午までを予定しておりました
「紀伊國屋書店キャンペーン」ですが、
ご好評につき、5月13日まで延長となりました。
ふるってご参加いただければ幸いです。

|

「憲法記念日 ドラマチック・フェスタ」

5月3日に「憲法記念日 ドラマチック・フェスタ」に参加しました。
声優のたかはし智秋さん,LEC反町雄彦先生と対談をしました。
たかはし智秋さんのファンの方がたくさんいらっしゃるなかで,
ふだんの講演とは違う,楽しい時間を過ごすことができました。
GW中にもかかわらず,ご参加いただきましたみなさま,
ありがとうございました。
当日の対談の模様については,Ustreamで視聴できます↓
○たかはし智秋さんのブログ
 

○「憲法がしゃべった。」紀伊國屋書店キャンペーン実施中

  (明日,5月7日(土)正午までとなります)

   http://bookweb.kinokuniya.co.jp/

     けんぽうくんを語ったわたしのセミナーラジオの

  音声データを無料で差し上げるキャンペーンです。

  ☆ 紀伊国屋書店(広島)で週間ランキング第8位

  (4月24日~5月2日)http://yumehiro.jp/rank/

○けんぽうくんツイッター

 http://twitter.com/#!/kenpoukun

○「憲法がしゃべった。」フェイスブック

http://j.mp/lQHHZo

| | コメント (0)

後悔しない大人のための読書論」(第16回)

WEBマガジン「ジンジュール」で連載中の読書コラム

(第16回は「日本の仕組みを知るための読書」です。)

http://www.jinjour.jp/column/35323.html

※ 「憲法がしゃべった。」紀伊國屋書店キャンペーン実施中

   http://bookweb.kinokuniya.co.jp/

     けんぽうくんを語ったセミナーラジオの

  音声データを無料で差し上げるキャンペーンです。

  

「後悔しない大人のための読書論」最新号がアップされました。

|

Wednesday READING-No.99-たかはし智秋=反町雄彦「ドラマチック憲法」(LEC東京リーガルマインド)

憲法ウイークの今週に、ご紹介させていただくのは、

「ドラマチック憲法」という異色のCDです。

http://www.amazon.co.jp/dp/B004JZDXJW

ヤッターマンなどアニメの声優さんであり、

グラビアアイドルでもある、たかはし智秋さんが、

憲法1条から99条まで(前文も)を、

美声で読み上げた、新しいタイプのCD教材です。

章ごとに変わるキャラクターで、七色の声を聴けます。

(第1章 清楚なお嬢キャラ)

(第2章 生真面目アナウンサーキャラ)

(第3章 元気女子高生キャラ…など)

受験時代に(ちょうどこのGWの時期ですが)わたしは、

択一試験の直前期、憲法の条文を呼び上げている

カセットを、歩きながらウォークマンで聴いていました。

このCDでは、癒し系の声で条文を聴くことができます。

トラックごとに1条~99条までわかれているので、

好きな条文をすぐに聴くこともできる、すぐれものです。

2枚目は、LEC反町雄彦先生とたかはしさんの対談。

憲法を学習するには、具体例が何より大切です。

たかはしさんの素朴な質問に対し、

反町先生が具体例(判例)をふんだんに挙げ、

わかりやすく的確にレクチャーしています。

司法試験などの法律資格系の受験生に限らず、

憲法を楽しく勉強したい方におすすめです。

こういうCDがあると、法律の勉強も楽しくできます。

※ たかはし智秋さんのブログ↓

     http://ameblo.jp/chiakinging/entry-10883139769.html

※ 反町雄彦先生のブログ↓
※ 「憲法記念日 ドラマチック・フェスタ」の動画
  (たかはしさん、反町先生との対談:1時間)

※ 「憲法がしゃべった。」紀伊國屋書店キャンペーン実施中

   http://bookweb.kinokuniya.co.jp/

     けんぽうくんを語ったわたしのセミナーラジオの

  音声データを無料で差し上げるキャンペーンです。

  ☆ 紀伊国屋書店(広島)で週間ランキング第8位

    (4月24日~5月2日)

  http://yumehiro.jp/rank/

  

|

憲法記念日に、けんぽうがしゃべった?

今日は「憲法記念日」です。

憲法記念日は、日本国憲法が施行された日。

1947年(昭和22年)5月3日に誕生しました。

戦後憲法とともに歩んできた日本という国を

実際に発展させてきたのは、日本に住む人々です。

これまでの日本を築いてくれたわたしたちの

お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、

ひいおじいちゃん、ひいおばあちゃん…に、

感謝したいと思います。

けんぽうくんが、とつぜん公園でしゃべり始めた…。

という拙著「憲法がしゃべった。」について、

あらためて紹介をさせていただきます。

イラストは、ふわこういちろうさん(かわいいキャラです)

本書は単に「憲法のわかりやすい本」ではありません。

「けんぽうくん」とはだれなのか?

「けんぽう」とは何なのか?

ファンタジーの世界(物語)を味わって下さい。

以下、アマゾンにも掲載をしたわたしの文章です。

「あなたは「憲法」という言葉をきいてどのようなイメージをもつだろうか。いままでの日本では、憲法というと「象徴天皇制」や「自衛隊の合憲性」「平和主義と戦争放棄」などと結びつけて論じられることが多かった。しかし日本国憲法は、近代立憲主義に基づく憲法であり、基本的に世界の近代憲法と共通した面をもつ。憲法とはなにかを知ることは、この国はなにかを知ることである。そしてわたしたちが住む国を知ることは、その歴史を知ることであり、究極的には自分自身を知ることである。本書は「けんぽうくん」という謎の物体がとつぜんしゃべりはじめたという設定だ。小学生にも読んでもらえるよう童話形式で書いた。親子で読んでほしいというのが著者の願いである。権力を握ろうとするライ男くんと、臆病なシマ男くんの会話を笑いながら、ファンタジーの世界を楽しんでほしい。単なる憲法の本ではありません。この本はファンタジーです。物語には謎がたくさんあります。ラムネのビンはなにか?けんぽうくんとはだれなのか?本書に登場する数字の意味は?いろいろ考えてみてください。ストーリーにこそ本書の意味がこめられています。何度も味わい、その都度あたらしい発見を楽しんでください。 」

ライ男「ふむふむふむ。なるほど、なるほど。ほおほお」

シマ男「(ラ、ライさんが、まじめに勉強している…)」

ライ男「おしかった。満点をのがしちまった」

シマ男「それは残念でございました」

ライ男「なんかバカにしてないか。おまえ」

シマ男「そ、そんなことないです。すごいです。50点!」

ライ男「上から目線だぞ。シマウマのくせに」

(「休み時間…(その7)」118頁より抜粋)

※ 紀伊國屋書店キャンペーン実施中

  けんぽうくんを語ったわたしのセミナーラジオの

  音声データを無料で差し上げるキャンペーンです。

※ 「憲法記念日 ドラマチック・フェスタ」に出演します。
  
  本日(5月3日)14時~(たかはし智秋さん、反町雄彦先生と対談)
  (お越しいただけない方もユーストリームで同時視聴できます)
※ 5月1日にTBSラジオに出演しました。
   ロザンさん,加藤シルビアさんとの(記念写真)です。

|

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »