« 新刊のお知らせ(『弁護士が勝つために考えていること』星海社新書) | トップページ | 新刊『税務調査を法的に視る』(大蔵財務協会)のセミナー開催(9月5日(金)) »

『弁護士が勝つために考えていること』(星海社新書)の誤植

新刊が発売されました。

『弁護士が勝つために考えていること』(星海社新書)

http://www.amazon.co.jp/dp/4061385542

早速お読みいただいた読者の皆様,ありがとうございます。

1点,図の中に誤植が発見されましたので,お知らせします。

序章(裁判ルールブック)2頁目にある<民事訴訟の流れ>

で「告訴」とあるのは「提訴」の誤植です。

刑事訴訟において裁判を求める行為は「起訴」ですが,

民事訴訟において裁判を求める行為は「訴え提起」です。

実務的には「訴え提起」を「提訴」ということが多いです。

民事訴訟の「思考」に焦点をあてた新書はないと思います。

特に,私は税務訴訟の観点からふだん訴訟を考えています。

一般の民事訴訟をテーマにした本ですが,このあたりの思考も

読者の方にかいまみれるように執筆をいたしました。

イラストも多く仕上がりはライトで,新書なのでハンディです。

ぜひ,夏休みに,気軽なお気持ちでお読みいただければ,

嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。

|

« 新刊のお知らせ(『弁護士が勝つために考えていること』星海社新書) | トップページ | 新刊『税務調査を法的に視る』(大蔵財務協会)のセミナー開催(9月5日(金)) »