« 新刊『熟考する力』(大和書房) | トップページ | 「税務相談における法的問題-東京高裁平成21年9月29日判決を契機として-」青山ローフォーラム5巻2号(2017年)159頁 »

『熟考する力』(大和書房)について

12月に発売された,新刊『熟考する力』(大和書房)が,産経新聞の書評で紹介されました。

http://www.sankei.com/life/news/170122/lif1701220023-n1.html

『熟考する力』(大和書房) http://amzn.asia/hQb6Otf

法的思考力のなかでも,法的三段論法は,法律家だけでなく,一般の方にも有用な思考法であると考えています。

法学を学んでいる人にとってはあたりまえになっている,

法解釈(ルールの解釈)→事実認定(事実の確定)→両者のあてはめによる結論

という,3ステップは,日常生活においても応用することが可能です。

司法試験の不人気,法学部の人気低迷が生じていますが,これからどのような社会になるにせよ,人と人との間に生じるさまざまな問題を解決する思考法として,法的思考力は必ず役立つ技術で,身につけた者にとって,思いのほか「強力な武器」になる考え方だと思います。

専門書でも,資格試験などの勉強をしている人向けの本でもなく,一般向けの「思考術」の本として,法的思考力のエッセンスを,法律問題ではない日常的に身近にあるできごとのなかに注ぎ込みました。

白くて他の本と比べると(少し)目立たない表紙かもしれませんが(でも,著者としてはとても気に入っているテーマにふさわしいカバーだと思っています),ビジネス書のコーナーにひっそりと置かれてい(ると思い)ますので,ぜひ書店で手にとっていただければ嬉しいです。

法学部の学生や,ロースクールの学生,法学部出身の社会人の方,すでに法律を使う仕事につかれている方などに,ぜひ読んでいただければと思い書きました。

本書のもうひとつのコンセプトはSNSが日常的にあるいま必要なのは,すぐに「反応しない技術」を身につけ,「熟考する」ことに意義がある,というものですが,ご感想など熟考したうえで(笑),SNSを通じて発信していただけると嬉しいです。

|

« 新刊『熟考する力』(大和書房) | トップページ | 「税務相談における法的問題-東京高裁平成21年9月29日判決を契機として-」青山ローフォーラム5巻2号(2017年)159頁 »