« 2017年7月 | トップページ

2017年11月

「税務訴訟の現状と課題―課税要件の解釈のあり方などを中心に―」

昨年度の租税理論学会の報告がまとめられた,日本租税理論学会編「租税理論研究叢書27」(財経詳報社)に,特別講演をしました「税務訴訟の現状と課題―課税要件の解釈のあり方などを中心に―」というタイトルの論文が掲載されました(25-43頁)。

税務訴訟に弁護士として携わってきた経験を踏まえた現状分析及び問題提起を内容とするものです。

 
ご一読いただければ嬉しいです。

|

« 2017年7月 | トップページ