« 新刊『債権法改正と税務実務への影響』(税務研究会出版局) | トップページ

「源泉徴収制度をめぐる諸問題―特別密接関係と支払者に注意義務はあるのかを中心に―」青山ローフォーラム6巻2号(2018年)73頁

論文が青山ローフォーラムに掲載されましたので,お知らせいたします。

木山泰嗣「源泉徴収制度をめぐる諸問題―特別密接関係と支払者に注意義務はあるのかを中心に―」青山ローフォーラム6巻2号(2018年)73頁

下記からPDFで全文の閲覧ができます。https://www.agulin.aoyama.ac.jp/opac/repository/1000/20237/20237.pdf

最近の判例(東京高裁平成28年12月1日判決・裁判所HP,広島高裁平成29年2月8日判決・公刊物未登載)を素材に,源泉徴収制度に含まれる解釈を論じたものです。

具体的には,①最高裁昭和37年2月28日大法廷判決・刑集16巻2号212頁がいう「特に密接な関係」(特別密接関係)とはどのような関係をいうと解すべきなのか,②支払者には注意義務があるのかという論点を中心に,源泉徴収義務を負うか否か(及び源泉所得税額がいくらか)を支払時に支払者が判断することが困難な場合における源泉徴収義務の発生について解釈論を展開しました。

|

« 新刊『債権法改正と税務実務への影響』(税務研究会出版局) | トップページ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100498/73112479

この記事へのトラックバック一覧です: 「源泉徴収制度をめぐる諸問題―特別密接関係と支払者に注意義務はあるのかを中心に―」青山ローフォーラム6巻2号(2018年)73頁:

« 新刊『債権法改正と税務実務への影響』(税務研究会出版局) | トップページ