« 判例研究「退職手当年度帰属事件に含まれる諸問題―東京地裁平成29 年 1 月 13 日判決・東京高裁平成29 年 7 月 6 日判決―」青山法学論集60巻4 号(2019年)155頁 | トップページ | 新刊『税法読書術』(大蔵財務協会)発売のお知らせ »

新刊『分かりやすい「法人税法」の教科書』(光文社)が発売されました。

『全ビジネスパーソンのための 分かりやすい「法人税法」の教科書』(光文社)が,本日発売されました。

 

https://www.amazon.co.jp/dp/4334950973/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_uL44CbZ3GZF90

 

・『分かりやすい「民法」の授業』(光文社新書,2012年)

・『分かりやすい「所得税法」の授業』(光文社新書,2014年)

に,次ぐシリーズ第3弾になります。

法人税法のテキストとしては,これまで司法試験の選択科目でありながら「租税法」のテキストの一部として解説されているものの,独立した税目(法律)として扱った法律書(概説書)が少なく,また,会社法や会計との絡みがあるにもかかわらず(そのため法学を学ぶ人にはなじみにくさもある),試験では「法的な問題」のみが問われる司法試験の学習においても,計算が重要になりながらも大学院(特に法学研究科)で法学として研究する際には「条文・判例」が極めて重要になる大学院における法人税法の学習の初歩においても,これらを整理した概説書(入門書)がほとんどない状態になっていたように思います。

現在では,昨年(2018年)に初版が刊行された,渡辺徹也『スタンダード法人税法』(弘文堂,2019年3月に第2版が刊行)が登場し,学習の素材としてのテキストの充実化が実現していますが,本書は4年前(2015年)の3月に原稿としては書き終えていたものです。ただ,書き終えた直後に法律事務所から大学に移籍したこともあり,また毎年の改正が多くある分野であるため,刊行のタイミングがなかなかうまくあわずに時間が経過してしまいました。

そのような経緯があったのですが,このたびようやく完成しました。

国際課税を除き,法的問題については入門書ではありますが,かなりの分野を網羅しましたので,ボリュームが増え,かわりに1つ1つの解説は短く終えられており,いたらぬ点もあるかもしれませんが,新たなテキストの1つとしてご活用いただければ嬉しく思います。

 

 

 

 

 

 

|

« 判例研究「退職手当年度帰属事件に含まれる諸問題―東京地裁平成29 年 1 月 13 日判決・東京高裁平成29 年 7 月 6 日判決―」青山法学論集60巻4 号(2019年)155頁 | トップページ | 新刊『税法読書術』(大蔵財務協会)発売のお知らせ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事