« 新刊『入門課税要件論』の刊行 | トップページ | 新刊『税法思考術』(大蔵財務協会) »

論文「経済的成果をめぐる税法解釈のあり方」の公表

論文が公表されました。

・「経済的成果をめぐる税法解釈のあり方」青山法学論集61巻4号(2020年)245-322頁

最高裁平成30年判決(源泉徴収と錯誤)、大阪高裁平成30年判決(クラヴィス事件)など「経済的成果」をめぐる税法解釈を示す判例が増え続けています。

こうした「経済的成果」の税法解釈について、税制調査会答申や過去の裁判例もひもときながら、体系的に議論を試みました。

|

« 新刊『入門課税要件論』の刊行 | トップページ | 新刊『税法思考術』(大蔵財務協会) »